三遠南信とは

  三遠南信地域のマップ
愛知県東部の東三河(ひがしみかわ)地域を「」、
静岡県西部の遠州(えんしゅう)地域を「」、
長野県南部の南信州(みなみしんしゅう)地域を
南信」とした、3県の県境にまたがる地域。

この地域は、
水運が栄えていた天竜川と豊川、
「塩の道」と呼ばれる三州街道や
秋葉街道などの陸路を通じて、
海と山とが結ばれ、
古くから文化、経済、信仰など、
行政の境界を越えて
独自の生活文化圏を
形成してきました。
三遠南信地域連携ビジョン推進会議の取組みについてはこちらへ

東三河

古くから「ほの国」と呼ばれ、豊川の恵みと温暖な気候により
実り豊かな地域。花祭り、手筒花火など独特な郷土文化が発達し、今に引き継がれています。

炎の祭典 手筒花火東栄町 花祭り菜の花畑

遠州

遠州灘と浜名湖を有し、温暖な気候に育まれたこの地は、農産物と海産物に恵まれた地域。東海道の中間として多彩な文化が育ち、
交流により現代の新進の気質が備わったのかもしれません。
浜名湖の弁天島龍潭寺庭園 引佐町茶畑

南信州

山々に囲まれ、東西南北の街道が交差し、独特の伝統文化が
育まれた地域。果物栽培に適した気候により育まれた産品は、
奥深い歴史や文化とともに、この地の大きな魅力です。
中央アルプスと田園霜月祭 飯田市桜と山並み 中川市