三遠南信地域 に広がる、徳川家康ゆかりの特産品
徳川家康公ゆかりの地マップ 鯖鮨(伊豆木八幡宮) 寅童子(鳳来寺東照宮) 手筒花火(吉田神社) 忍冬酒(浜松市) 小豆餅(銭取のバス停) 大福寺納豆、遠州の特産品 地図上のアイコンを押すと、ゆかりの地が紹介されます。

徳川家康公は、 29歳から17年間の青壮年期を 現在の浜松で過ごし、南信州から南下を企てる 甲斐武田氏との壮絶な攻防を繰り広げ、 天下統一の礎を築いたのです。三遠南信地域には、 家康公ゆかりの史跡や地名をはじめ、 数々の伝説などが豊富に残っています。